何歳になっても元気で過ごすために

20160623_kotsu_takako_tayama 50歳以上の女性の2人に1人が持っていると言われる骨粗鬆症。骨粗鬆症防止には若いときからの日常の食生活が重要だと言われています。

 日本では有効だと言われている、ビタミンK1を多く含む海藻、ハクサイ、玉ネギ、ニンニク。ビタミンK2を多く含む納豆が豊富にありますが、スイスでも手軽にカルシウムを多く含んだヨーグルトやミネラルウォーターをスーパーで購入することができます。

 同じミネラルウォーターでも、成分表を確認すると差があり、中でも日本でも良く飲まれているCONTREXはカルシウム・マグネシウムが多く含まれているようです。

 老後を健康に楽しく過ごすために、日頃の食生活から改善するように心がけてみてはいかがでしょうか。

*効能や効果については、個人差があります。
*地域や販売店によっては販売されていない場合もございますので、詳しくは直接以下お問い合わせ先にご確認されることをお勧めします。

 


コメントを投稿する