ベルンにも料亭?がポップアップ!

20161202_kayoko_news_295

 みなさんは「ポップアップ・レストラン」をご存じですか?「ポップアップ」とは、英語で「不意に現れる」という意味で、このところ増えてきた空き店舗を利用し、期間限定で開店するレストランのことです。出店の費用は最低限で済み、新たなサービス等も気軽に提供することができるので、世界中で人気が高まっています。

 そんな「ポップアップ・レストラン」スタイルの日本食レストランがベルン( Bern) にも登場します。その名も「Mister Mori Tokyo Cuisine 料亭」で、1月5日から3月末までの期間限定です。日曜と月曜はお休みで、夜のみ (17:00~00:30) の営業です。メニューにはお寿司はなく、74スイスフラン (約8,200) の4皿のコースだけで、ベジタリアンにも対応しています。

 お店をオープンするのは、ミシュランでも1つ星を獲得しているシェフ、マルクス・アーノルド (Markus Arnold) 氏とベルン 出身のトム・ヴァインガルト (Tom Weingart) 氏です。両氏は、本物の日本の味をベルンに届けるために1週間東京で様々なレストランを食べ歩き、リサーチしたと言います。お店の名前は、その時に出会った「森さん」から来ているとか。

 お店は人気で、すでに予約がたくさん入っているそうです。スイス人シェフが感じた日本の味、どのように表現されるのか楽しみですね。

 詳しくは、こちらのお店のホームページをご覧下さい。


コメントを投稿する