ノン・ベジタリアンも大満足!スイス発のベジタリアンレストラ ン

swissjoho-tibits-8605

 ベジタリアンレストランは菜食主義者が集う所、食べ応えがない、味が単一、という印象を覆してくれるレストランtibitsをご紹介します。美味しいからだけでなく、新しいレシピを探したいときや、体調のメンテナンスをしたいときにも最適のチョイスとしてオススメです。

◆◆読者プレゼント◆◆
詳しくは文末をご覧ください。

I tibits(ティビッツ)とは
 チューリッヒの老舗ベジタリアンレストラン「ヒルトゥル(Hiltl)」で経験を積んだフライ3兄弟が2000年に開店し、スイスに8店舗、ロンドンに1店舗を持つレストラン。名前の由来は、英語の“Tidbits=美味しくて軽い食べ物”です。

swissjoho-tibits-8555-2I 追求する5つのこだわり
1) 品質
 ビオやデメター品質の食材を可能な限り使用。グルタミン酸不使用や人工着色料使用なども徹底し、安心と安全が基本です。

2) 鮮度と季節感
 食材の多くはスイスや隣国から熟成具合を見計らって仕入れています。フレッシュジュースは1日2〜3回プレスして栄養たっぷりの状態で販売。また、なんと年に4回も季節の食材を取り入れたメニューが登場します。

3) 味付け
 70カ国からきた調理師たちが工夫をこらした料理はすべて食べ応えのあるしっかりした味付けに。和風メニューはワカメサラダ、ちらし寿司、茄子田楽、タンドゥーリ豆腐などもありますが、もっと増やしていきたいそうです。

4) 常に挑戦する姿勢
 最新メニューは真っ黒なバンズのブラックテフバーガー(Black Teff Burger)。バイオ炭で出している黒には一瞬ドキッとさせられます。「スイス人の間でブームのキムチも取り入れたい」と語るのはマーケティングマネージャーのトビアス・ケラー(Tobias Keller)氏。枠にはまらない自由な発想の持ち主です。

5) 接客と志
 取材当日、「日本が大好き。日本の接客は素晴らしいので見習いたい」と女性スタッフが話しかけてきました。接客に関しては残念としか言えないスイスにあるtibits、お客様に愛される理由が垣間見れます。

swissjoho-tibits-8581-5

I オススメはランチビュッフェ
 
サラダ30種類と温かい料理10種類が常に並び、そこにデザートやフルーツが加わるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまうほど。 お皿に料理を取り、レジで計量してもらってから支払います。店内利用だと100gで3.40フラン、テイクアウトで2.90フラン。ビオの小さなパンは1つ無料で選べます。

swissjoho-tibits-8679-2

I ロングセラーベスト11
 
チョイスに迷ったら、同社のプロジェクトマネージャー、クレア・ホネッガー(Claire Honegger)さんがスイス情報.comに教えてくれたロングセラーを試してみてはいかがでしょうか。すでに食事をされた方、お気に入りのメニューは入っていましたか?

【 前菜・メイン料理】
・ カレー (Currrys)
・ サモサ (Samosas)
・ ポテト (Potato Cuts)
・ ファラフェル (Falafel)
・ ハラペーニョ (Jalapeños)
・ 乾燥インゲンのサラダ (Dörrbohnensalat)
・ オレキエッテパスタのサラダ (Orecchiette Salat)

【 デザート 】
・ ブラウニー (Brownies)
・ チーズケーキ (Cheese Cake)
・ マンゴーケーキ (Mango Cake)
・ ビエヒャムエスリ (Birchermüesli)

swissjoho-tibits-8666-2

I 明るくておしゃれな店内  
 フレッシュで居心地のいい空間を作るため「デザイナーズギルド」と提携。2年に1回はインテリアを変え、コンクリートの質や樫の木など素材にもこだわり、常に利用客の目線で店内を演出しています。

 屋内は114席、テラスは冬56席、夏90席あるのですが、混み合う11:30から13:00のあいだでも窮屈に感じられない作りは見事です。

I スイスでレストラン選びに迷ったらここ
 
スイスのレストランは当たり外れが多いのが現実。その点、tibitsは目が効く日本人にとって、満足のできるクオリティーな上、量も値段も調整できる魅力的なお店です。日曜日にオープンしているのもtibitsのホスピタリティー溢れる精神だからこそ。

swissjoho-tibits-8554-2

I ベジタリアンは、日々の選択肢のうちの一つ
 
前出のテラー氏は「tibitsはスイス料理店ではないが、あそこに行けばいつでも新鮮で美味しい野菜料理が食べられる、と思ってもらえる」と話します。「菜食主義ではなくても、今日はイタリアンが食べたい、という感覚で選ぶときのチョイスの一つになるといい」という考え方なのです。

 2017年、ザンクトガレンにもオープンが決定、ローザンヌとバーゼルにも出店を計画している右肩上がりのレストラン。スイス在住の方も旅行中の方も、美味しくて健康的な食事がしたいとき、ぜひお試しください。

tibits-gutschein

pentel

<取材協力>

tibits_4c_pos_web
店名:tibits Züich Seefeld 店
住所:Seefeldstrasse 2 8008 Zürich
Tel. +41 (0)44 260 32 22
info@tibits.ch
www.tibits.ch
営業時間:月〜木 6:30〜23:30、金 6:30〜24:00、
土 8:00〜24:00、日 9:00〜23:30 ※8人以上は予約可

取材・撮影: Yoriko Hess, Yuko Kamata
編集:Yoriko Hess,Yuko Kamata

 


コメントを投稿する