見逃せない!最後の走りと餃子

20160921_kayoko_news_243-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 栃木県宇都宮市と言えば? 餃子を連想される方も多いと思います。実は「自転車のまち」としても有名で、市では自転車で快適に走るための街づくりに取り組んでいます。中でも人気は、アジア最高位の自転車の大会「ジャパンカップサイクルロードレース」の開催です。昨年は過去最高の観客数、125,000人を記録しました。

 今年は25回目の記念大会で、10月21日(金)~23日(日)に開催されます。標高差のある森林公園を舞台に世界の第一線で活躍する選手達のレースを目の前で観戦することができます。また、「クリテリウム」と呼ばれる日本でもめずらしい、市内の中心部の目抜き通りの交通を遮断して行われるレースは、周回で何度も選手が走るので、迫力のあるスピードを繰り返し間近に感じることができます。

 さらに、今回の大会には、北京やリオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した「世界最速」のスイスの国民的スター、ファビアン・カンチェラーラ (Fabian Cancellara) 選手も参加します。残念ながら、今月13日にこのレースが引退レースになると発表されたので、彼のレースを見ることができる最後のチャンスとなります。

 なかなか生で見ることのできない異次元の最後の走り、宇都宮で体験してみてはいかがですか?もちろん餃子も楽しみたいですね。

 大会について詳細はこちらをご覧下さい。

 


コメントを投稿する