猫好きは犬好きよりも独身が多い!?

20160824_kayoko_news_223

 フェイスブック社が8月8日の「猫の日」に、アメリカのフェイスブックのユーザー16万人を対象に猫派と犬派の性格や好みの違いについて調査しました。その結果、猫派は犬派よりもより多くの時間を室内で過ごし、犬派よりも孤独で独身が多いことが分かったと発表しています。

 調査によると、犬派は猫派よりも平均で26人フェイスブックの友人が多く、独身の割合は猫派で約30%、犬派は24%でした。また、テレビ番組や映画の好みも違い、猫派はファンタジーやSFが好きで、犬派は恋愛ものが好きだと分析されています。一般的に言われている犬はおおらかで社交的、猫はよそよそしいといった性質は飼い主にも当てはまると伝えています。

 この結果に対し動物心理学のアドバイザーであるマリア・ブルンナー・クリステン (Maria Brunner Christen) さんは、自身の経験から猫好きの人の方が犬好きの人よりも独身が多いと言った印象は受けず、犬を飼っている人に友人が多いのは、散歩で他の飼い主と知り合う機会が多いためと分析し、私は3匹の猫と2匹の犬を飼っているけれど、どちらに分類されるの?と調査結果について必ず当てはまる訳ではないと話しています。

 みなさんはどう思われますか?

 詳しい調査結果についてはこちらをご覧下さい。(英)


コメントを投稿する