スイスでDIY!キューブボックス編

 DIYが好きな方、スイスでも「自分の好きなサイズで、いろいろなものを作ってみたい!」と思うことはありませんか?自作の家具や棚が部屋にあると、なんだか一緒に生活できるような、嬉しい気持ちになりますね。

 山や森林に囲まれたスイスでは、家具や建築物などに木材が使われています。そのため、スイスにあるホームセンターでは、様々な木材を取り扱かっています。

 今回は、スイスのホームセンターの無料サービスを活用しながら簡単に作れる、「キャスター付きキューブボックスの作り方」をご紹介いたします。

 作り方は意外に簡単で、購入したイケア(IKEA)の家具の組み立て作業などで、ちょっとした工具を扱ったことがある、または額縁を飾るために家の壁に穴をあけたことがある方でも、簡単に作ることができるので ぜひ試してみてください。

■ ホームセンターの裁断・穴あけサービス

 ジャンボ(JUMBO) やホルンバッハ(HORNBACH )などのDIYの道具や材料を扱うホームセンターでは、木材の裁断や穴あけなどを無料で請け負ってくれるサービスがありますので、まずは、スタッフに直接話してみましょう。※ 一定の数量以上になると、有料になる場合があります。


 < キャスター付きキューブボックスの作り方 >

ラフ画、図面を書く(※ ミリ単位)
作りたい家具のイメージとサイズや寸法などを描いて、説明できるようにしましょう。

お店で必要な材料を揃える
  • 板 (50cm × 40cm ) X 4枚
  • キャスター(ブレーキ付き) X 4つ
  • ボックス用ネジ X 8本
  • キャスター取付け用ネジ X16本
  • 木工ボンド ※ 組み立て時の板固定用
裁断を依頼する
特売で、2m × 40cm (厚18mm)のパイン材がありました。これを木材担当の方に、自分で書いた図を見せて、4等分(50 × 40)を4枚とお願いします。穴あけもその際に聞いてみましょう。※ 図面がない場合は、その場で紙に書くといいでしょう。

注文用紙に記入
注文用紙もありますので、事前に記入して持っていくのもお勧めです。最後に作業代や作業にかかる時間などを確認しましょう。なお、ジャンボでこの作業を板2枚分お願いしたところ、作業料金は無料でした。

組み立て完成
お店で揃えた材料を図面を見ながら、順々に取り付けていけば、写真のようなボックスができあがります。

※ 中板は自宅にあった板を代用しています。紹介している材料には含まれません。

※ 作り方参考URL ( 英語ですが、分かりやすいです )
https://www.youtube.com/watch?v=IVdXEBkPQO0


<DIYショップ>
JUMBO
http://www.jumbo.ch/de/home.html

Hornbach
https://www.hornbach.ch/

 


コメントを投稿する