楽隊の祭典「バーゼル・タトゥー」と特別インタビュー

バーゼル・タトゥーに、海上自衛隊東京音楽隊と、『集団行動』で有名な日本体育大学が同時に招待され、会場を埋め尽くした観客を感動と興奮の渦に巻き込みました。今月のコラムでは、祭典の内容や主催者の声、そして2団体への特別インタビューをご紹介します。

毎年7月下旬にスイスのバーゼルで開催される同祭典は、今年で11回目を迎えました。エディンバラ・タトゥーに続いて2番目に規模が大きく、軍隊の敷地内で行われるものとしては世界唯一です。

| 毎年6〜7ヵ国から約20の楽団、約1000人が出場

タータンチェックのキルト姿で演奏するスコットランドの「バグパイプとドラム隊(The Massed Pipes and Drums)」や、ドラムだけで構成されたバーゼル出身の「トップ・シークレット・ドラム・コー(The Top Secret Drum Corps)」などが常連。

2006年、創設者であり主催者ののエリク・ユリアート氏が開催したトップ・シークレット・ドラム・コーの公演を機に、現在では5大陸からトップレベルの軍隊所属楽団や民間楽団が招待され、独自のパフォーマンスで多くの観客を魅了しています。

|  「Tattoo」の意味

 「Tattoo」はオランダ語「Doe den tap toe」(蛇口を閉めろ)」の”tap toe”が由来。ビールサーバーの蛇口、あるいはワインの樽栓を閉めて、宿舎に帰れ、という合図だったのが、現在では「軍楽祭パレード」という意味で使われているそうです。

| バーゼル・タトゥーの意義

隊員を鼓舞したり国民を活気づけたりするための軍楽は、「軍と民間の楽隊が集合して演奏するイベント」でも披露されています。ラストでは、兵舎一面にテロに苦しむ人々、救出される被害者、微笑む子供たちなどの映像が映し出され、改めて「平和とは何か」を考える機会にもなりました。

swissjoho-baseltatto-5022
| バーゼル・タトゥーの人気

夜9時30分から、7800人を収容する屋外アリーナで映像やライトアップ、花火と共に音楽とマーチを鑑賞します。チケットは即完売するほど人気で、開催期間の10日間に10万人以上の人が訪れるそうです。

| 主催者、エリク・ユリアート氏の希望

特筆すべきは、ユリアート氏が強く希望して招待した日本の2団体。スイス情報.comの問い合わせに同氏はこう答えてくれました。

 「海上自衛隊音楽隊はノルウェーのタトゥーで初めて拝見しました。その後、日本の音楽祭でまた拝見し、お話して、Basel Tattooに最適だと確信しました」

「日本体育大学の『集団行動』のチームは、偶然にも海上自衛隊音楽隊と同じ時期に拝見しました。日本から2つの団体が参加することになったのは全くの偶然ですが、これほど素晴らしいことはありません」

「私は常に、独自性のあるパフォーマンスでバーゼルの観客を魅了したいと思っており、日本のパフォーマンスはまさにそうでした」

| スイス情報.comが行ったインタビュー

この度、スイス情報.comが音楽祭の会場を訪ね、この2団体に取材させていただきました。

baseltatto_5

basel tatto

 basel tatto

 

 

 


< 取材及び掲載協力・お問い合わせ >
basel_tatto
Basel Tattoo Productions GmbH
Glockengasse 4 4001 Basel
Tel : +41 61 266 1002
email : office@baseltattoo.ch
http://www.baseltattoo.ch

 

取材・撮影:Yoriko Hess, Yuko Kamata
編集:Yoriko Hess, Yuko Kamata

 

 


コメントを投稿する