スイスの学校の休み

swissjoho-3667-2

 スイスに住みはじめて一番最初に驚くこと、「スイスにある(小・中・高含む)学校は、小刻みに休みが多い?」ではないでしょうか。また、「一体子供たちは、いつ勉強しているのか?」と疑問を感じた方も中には、いらっしゃるかもしれません。

 では、実際に学校の休みがくらいあるのかを、チューリヒ州の学校のお休みを参考にしながら、「スイスの学校の休み」について、簡単にご説明いたします。

 チューリヒ州の学校では、年間13週間が休みの上限となっており、上記以外にも、各学区が地元の祭日などに合わせて休業にできる日が年間4日まで認められています。* スイスの学校は8月から新年度開始

swissjoho_education_4

 上記の休み以外にも、地元のお祭りなどに合わせて、3〜4日の休業日が設けられています。スポーツ休暇は、スポーツと名付けられていますが、休暇中スポーツをする必要はありません。州によっては、スキー教室などに通い、ウィンタースポーツを楽しむ子どももいます。

 通常幼稚園は午前中まで、小・中学校は土曜日休みの週5日制、曜日によっては、午前中のみ。学校での給食はなく、自宅で昼食を食べるのが通例。

 また、日本の中学、高校にある部活動は存在しません。さらに、休み中の宿題は、学校や担任の教師によってたくさん出したり、ほとんど出さなかったりと違いがあるようです。

 このように休暇が終わり、再び学校生活に慣れてきた頃にまた休みが入るというサイクルが繰り返されますので、なかなか子育てから解放され自由な時間を過ごすことはできません。ましてやお仕事をされている方であれば、特に仕事と子育ての両立は大変かと思います。

 学校のお休みはこちらのFeiertagskalenderでチェックできますので、どうぞご参考になさってください

* 管轄する州により異なる休日や行事があることから、休暇期間や休暇の呼び名などは異なる場合があります。
* 学校の休みは共通ではなく、州、また州の中でも学校毎に異なる場合があります。


コメントを投稿する