歌う運転手、宅配サービスも開始

ziba-taxi

 ザンクトガレン (St. Gallen) に住むタクシー運転手のベスニク・ツィーバ (Besnik Ziba) 氏は、ザンクトガレンには夜10時以降に営業しているキオスクやお店がなく、ビールやたばこが買えないとお客さんが嘆いていたのを聞き、先月から24時間の宅配サービスを始めました。

 宅配サービスと言っても、ツィーバ氏が事前に購入しストックしてあるビールやワイン、ソフトドリンク、たばこ、スナック類等を運ぶものです。扱っている商品は30種類以上あり、ザンクトガレンの人々が好む銘柄を取り揃えているとか。家には大きな冷蔵庫一杯に飲み物が入っているとツィーバ氏は笑って話しています。

 商品の販売価格はガソリンスタンド等とほぼ同じで、宅配してもらうには20スイスフラン (約2,000円) 以上の購入が必要で、運搬料は10スイスフラン (約1,000円) です。コップや紙巻きたばこの紙等のちょっとした小物も用意しています。

 ツィーバ氏はコソボのアルバニア系住民で約18年前からスイスに住み、7年前からタクシー運転手として働いています。スイスに住めたことにとても感謝していて、感謝の気持ちを込めた歌をユーチューブに投稿し「歌う運転手」としても有名です。

 ザンクトガレンの人を思って歌を歌ったり、宅配を始めたりするツィーバ氏、難民や移民問題が深刻になって来ていますが、ツィーバ氏のようにお互いが幸せになれる関係、お手本にしたいですね。

ツィーバ氏のホームページはこちらをご覧下さい。(独)
歌うツィーバ氏はこちら


コメントを投稿する