アプリで体験バーゼルの自然 

20160708_kayoko_news_190

 バーゼル (Basel) 市の造園局 (Stadtgärtnerei) は、携帯電話のアプリを使って市内の様々な生物を観測したり、自然に触れることのできる体験型のシステムを始めました。

 市内にある8つのチェックポイントでアプリを使うと、ミニゲームやその場所の生物等について体験しながら学ぶことができます。すべてのチェックポイントを回ると約2時間半のツアーになります。

 このシステムは「Basler StadtNatour」と言うもので、スイスのゲーム会社「Gbanga」と共同で作成しました。ゲームを手掛けている会社だけあって、ただ説明してあるのではなく、子供から大人まで体験しながら楽しめるようになっています。

 例えばハチの巣についての説明では、蜂が見ている世界はどのように見えるのか携帯を通じて見ることもできます。参加は無料で、ドイツ語と英語が対応しています。

 今年の夏はバーゼルの自然に詳しくなってみませんか?

 アプリのダウンロード等詳しくはこちらをご覧下さい。(独)


コメントを投稿する