イースターのエッグハント体験

leysin_egg_hunt

 イースターの27日(日)は、前日の快晴とはうって変わり、予報通り雨や雪がちらつく寒い1日でした。14時から始まるエッグハントに行くかどうか午前中まで迷っていましたが、小雨だったので、スキーウェアを着込んで行くことにしました。

 集合場所に到着したのが14時近く。その時点でほんの2〜3組しかいませんでしたが、あれよあれよと人が集まってきて、去年よりも大勢の人が来たように感じました。

leysin_egg_hunt_3

 今年は玉子が隠されている範囲が広がり、森の奥のほうにもいかないと、なかなか見つかりませんでした。それでもうちの2歳の子供は10代の女の子と一緒だったからか、合計9個と大健闘。そのうち1つは金色の玉子で、ウサギ型のチョコレートと交換してもらえました。

leysin_egg_hunt_2

 去年は焚き火をして、ホットチョコレートがふるまわれましたが、雨天のせいか、今回はありませんでした。

 キリスト教にとってはとても重要なイースター。遊び感覚でイベントに参加しましたが、多文化社会のスイスの環境を活かして、子供には異文化を理解させる教育をしたいな、と思いました。


コメントを投稿する