スイスを高評価、気になる英国の行方

 

20160628_kayoko_news_182

 国民投票の結果欧州連合 (EU) 離脱派が勝利し、英国は世界中の注目を集めています。スイス連邦外務省 (EDA) も不安を抱える人に対応するホットラインを開設し、英国在住のスイス人や旅行者等へ情報を提供しています。

 英国でのスイスの評価は比較的良いようです。英国の離脱派、独立党 (UKIP) を率いるナイジェル・ファラージ (Nigel Farage)党首は、ノルウェーやスイス、アイスランドのようなEUに属していない国の人々は幸せで経済的にも豊かだとスイスを英国のモデルに、と掲げていました。

 英国のオンライン新聞「インデペンデント (The Independent)」にも、ロンドンに住むレベッカ・グリフィスさん (Rebecca Griffith) が仕事で1ヶ月間滞在したベルン (Bern) についてとてもいいところだったと絶賛しています。

 グリフィスさんによると、ベルンの旧市街はとても美しく、夏には泳げるくらい川は澄んでいて、ベルンの人も和やかで生活水準が高く、特に仕事と生活の調和に気を付けていると評価しています。あえて足りないものを挙げるなら、インド料理レストランと、カレーを作るときの材料の値段がロンドンより高いことで、熊公園 (Bärenpark) もお気に入りだとか。

 ヨーロッパだけでなく世界中に影響を与える今回の国民投票。国民の声が反映される国民投票は日本人としては時に羨ましく感じますが、一票の重さも考えさせられた投票でしたね。今後の動きが気になります。


コメントを投稿する