子どもにも効く風邪薬

 季節の変わり目などでは、子供が学校や保育所などに通っていると風邪をよくもらって帰ってきて、家族の中でも移し移されしながら、しょっちゅう風邪をひいているなんてことがあるのではないでしょうか。

 悪化した場合は、かかりつけ医師による診断を受けますが、多少の風邪は薬局で売られている、市販の薬を使用して乗り越えられるお子さんも多くいます。今回は、スイス情報スタッフの息子さんが使っている「風邪薬」を紹介致します。

Algifor・DAFALGAN
解熱剤 (シロップタイプ)
STODAL
咳止めシロップ (ホメオパシー薬)
Physiodose
生理食塩水 (鼻づまり時使用)

Neo Citron
風邪薬 (お湯に溶かして飲むタイプ)

 子どもだけでなく親まで風邪を引いてしまうと、体を休むに休めなく余計に辛い状況になってしまいます。これら市販の風邪薬や、うがいや手洗いなどの予防対策も合わせて行い、風邪にならない様に気をつけたいものです。

*効能や効果については、個人差があります。
*購入した商品は、2016年2月時点のものです。販売時期や販売店によって、販売終了となっている場合もありますので、予めご了承ください。

 


コメントを投稿する