出産費用について

swissjoho_calculator-720x471 今回はルツェルン(Luzern)に住むスタッフの出産体験を元に、参考までに同州の私立クリニック(Hirslanden Klinik St.Anna)での「出産費用について」をご説明いたします。

 ここスイスで加入する保険は、日本と比べるとやや複雑なシステムのように見受けられます。スイスへ移ってから各保険会社のプラン等をじっくり比較しすることができれば良いですが、配偶者がすでに加入していた保険会社(SWICA)へ一緒に入っている方も多いのではないでしょうか。妊娠から産後までの主な費用の種類は、こちらになります。

産前検診費用
2,943フラン(内自己負担額576フラン)
検査回数: 計9回(感染症、血液検査、妊娠糖尿病検査、鉄ビタミン注射等含)

出産準備コース費用(Hirslanden Klinik St.Anna)
260フラン
計6回(105分/回)*ドイツ語での講義
*「Allgemein」保険プランでは、「半額負担」となるようです。

分娩費用
11,286フラン(内自己負担額635フラン)
*「Allgemein」保険プランの分娩費用は、3,094フランで全額保険会社により支払われるようです。

再入院費用+産後検診
9,146フラン(内自己負担額305フラン)

助産師による産後ケア
674フラン(内自己負担額なし) / 計7回(約30分-1時間 / 回)

英語での出産準備
 英語で講義を希望する場合の費用は、300フラン(内自己負担額7フラン) / 計1回(2.5時間)。ホームのコース一覧には記載されていませんが、今回プライベートで英語での出産準備コースについて問い合わせをし、タイミングよく空きがあった為、こちらを受講しました。プライベートコースとあり費用は高めですが、コースに空きさえあれば保険でもかなりカバーされる為、希望される方は一度問い合わせしてみるのも良いかもしれません。

 産後のケアは、入院中に助産師(Hebamme)による産後ケアを申し込むことが出来ます。これを申し込むと、産後家に戻ると助産師が訪問してくれ様々な産後ケアをしてくれます。産後1か月間で計7回の訪問がありました。新生児の体重や身長、飲むミルクの量をチェックしてくれたり授乳方法や睡眠についてアドバイスを頂きました。

 以上のように、今回Hirslanden Klinik St.Annaでの出産に関する費用は約24,300フラン、内自己負担額は約1,500フランとなりました。

 費用には個人の体調による検査等も含み、また加入する保険会社及び保険の種類による差異もありますので、詳細につきましてはご加入の保険会社へお問い合わせください。

** 上記に記載している体験談はあくまでも一個人が2016年1月に体験したことを元にしたものです。現在お住まいの地域や州、またご契約されている保険会社により、異なる場合があります、事前に病院や保険会社にご確認されることをお勧めします。


コメントを投稿する