さすがの5つ星「 スプレンディド ロイヤル」

ExteriorFromWater_swissjoho

 今月のコラムでは、長い歴史・伝統を誇るスイスのホテルの中から、ルガーノ湖畔のメインストリート沿いに位置する超高級ホテル、「スプレンディド ロイヤル(Hotel Splendide Royal)」をご紹介します。

 伝統を重んじながらもルガーノで最もファッショナブルなホテルといわれ、行き届いたルームメイクにより常に清潔に保たれる客室、品格あふれる豪華な調度品が演出する贅沢感・高級感は、さすがの5つ星。半数以上のレイクビューの部屋から見える、氷河湖ならではの景色の良さでも知られています。たとえ短期間の滞在でも、現代の多忙な日常から解放され、優雅なリフレッシュタイムを過ごせることでしょう。

| ホテルの歴史

 ゴッタルド鉄道トンネルの開通した1882年、この地の将来性に目をつけたベリンツーナ出身の富豪であり起業家のRiccardo Fedele Senior (1847 – 1924)氏が、1887年に超高級ホテル「ホテルスプレンディド」を開業したのが始まりです。同氏が他界した1924年、後継者であった同氏の息子と娘が、多くの皇族や政治家、著名人などに愛され利用されていたことから、このホテルの名前に「ロイヤル(王室)」をつけ、改めて「スプレンディド ロイヤル」と名付けたのです。以降も、創業者の家系幾世代に引き継がれ、今日ではRoberto Naldi Groupが、Fedele氏が築きあげたこのホテルの歴史とクオリティを損なうことなく保っています。

Splendide_Royal-1614

 

Splendide_Royal-1616
| フロントロビー

 建物の中に入ると、ゴージャスな大理石の床が一面に広がるフロントフロアになっています。フロントスタッフが揃って笑顔で迎えてくれ、テキパキとした丁寧な対応ぶりが心地よく感じました。

Splendide_Royal-1613

| ゴージャスでいて、くつろげる雰囲気の客室

 今回取材したスーペリア エグゼクティブの客室は、30平米ほどの大きさにシングルベッド2台を置いていました。お部屋はかなり広くゆったりとしていて、カップルでも十分の広さです。清潔感は満点、インテリアもエレガントなピンクやイエローゴールドをアクセントに、シャンデリアがゴージャス感を醸しだしつつ、ナチュラルな木の家具が部屋全体を優しくあたたかに演出、くつろぎの空間となっていました。このホテルには至る所に数々の絵画が飾られ、まるで美術館にいるような雰囲気を創り出していますが、客室のベッドの横にも少し大きめの絵が飾ってあり、部屋全体の印象が格調高く感じられました。

Splendide_Royal-1598

| シーティングエリア

 客室内にある快適なシーティングエリア。ここにも絵画が左右対称に飾ってあり、額縁の色やスタイルも、部屋のイメージと見事に調和していました。こちらのソファチェアに座り、あえて何もせずゆったりのんびりと過ごすのも、限りなく贅沢な時間の過ごし方といえそうです。

Splendide_Royal-1596

| ウェルカムフルーツ

 シーティングエリアにしつらえられたテーブルには、宿泊者特典のウェルカムフルーツ(Welcome Fruits)とエクスクルーシブ前菜(有料)が置いてありました。

Splendide_Royal-1686

| 広々としたバスルーム(バスタブ、シャワー)

 広々とした空間で、お風呂もお湯をためて足を十分に伸ばせるバスタブが備えつけられており、洗面台もゆとりがあります。*無料の高級バスアメニティ付

Splendide_Royal-1631
| テラス、部屋からの眺め

 レイクビューの客室からは、ルガーノ湖とモンテ サン サルバトーレ(Mount San Salvatore)やモンテ・ブレ=ブレ山(Monte Brè)などの山々を見ることができます。取材当日は幸いにも天気がよかったので、テラスから湖周辺を見渡せました。このような絶景が部屋から見えること、それ自体が贅沢といえるでしょう。スイスの春の始まりは天気が不安定で、雨や、ときに雪も降ったりしますが、5月以降からは徐々に安定し、観光のベストシーズンに入ります。

Splendide_Royal-1634

| レストラン

 1階にある湖畔のレストラン「ラ ベランダ(La Veranda)」では、公園の緑とルガーノの町並みの心躍る景色を眺めながら、イタリア人シェフが手がける本格的で洗練されたイタリア料理を楽しめます。スタッフによるきめ細かなサービスは、さすが5つ星と思わせてくれるはず。なおロビー付近にある「エメラルドバー(EMERALD bar)」では、軽食、食前酒、カクテルをいただけます。

Splendide_Royal-1620

| 朝食

 朝食は、窓がたくさんあるこちらの部屋で(時間: 7:00から10:30まで)。このホテルの朝食は、パン、ペストリー、ミルク、チーズ、ハム、シリアル、フルーツなどなど、供される種類が非常に豊富です。広々とした部屋で優雅に朝食をとりたい方は、事前に連絡をすればコンチネンタルブレックファーストをいただけます(サービス料別途)。夏に滞在するときは、開放的なテラス席のテラッツァ(terrazza)でゆったりと朝食も可能です。

Splendide_Royal-1695

| エレベーター

 エレベーター内には、浅く腰掛けられるバーが設置されています。観光で少し疲れた宿泊客がちょっと休めるようにとの配慮からか、創業当初から取り付けられていたようです。

Splendide_Royal-1640

| ホテルからサプライズのプレゼント

 宿泊者特典は、ウェルカムフルーツだけではありませんでした。スイスを代表するチョコレートブランド、レダラッハ (Läderach)のチョコレートが貰えました。サプライズのプレゼントは、ささやかであっても存外に嬉しいものですね。

Splendide_Royal-1688

 今回の訪問では、客室から朝食、雰囲気やスタッフのサービスに至るまで、5つ星にふさわしいホテルと実感できました。ルガーノ観光の際には、ゴージャスな「スプレンディド ロイヤル」に宿泊されてみてはいかがですか。ホテルのご予約はこちらから

hotel_splendide_royal

<取材・協力>
Hotel Splendide Royal
Riva Antonio Caccia, 7 6900
Lugano, Switzerland
+41(0)919857711
Fax +41(0)919857722

<予約代行サービス>

「質問や要望を問い合わせしたいが、仕事で忙しくて直接ホテルに問い合わせる時間がない」、「言葉の問題で問い合わせができない」などでお困りですか。

スイス情報.comでは、このホテルで快適に滞在していただくために、予約代行サービスをご提供しております。どうぞお気軽にお申し付けください。

button-click

取材・編集:Takako Tayama, Yuko Kamata

 


コメントを投稿する