デメリットだけじゃない!?高齢出産

20160420_kayoko_news_134

 出産時の母親の年齢が高くなればなるほど子供のダウン症の発生率が高くなったり、子供が将来アルツハイマーや高血圧、糖尿病にかかる確率が高くなると言われています。

 ところが、ドイツのローシュトック (Rostock) にあるマックス・プランク研究所と (Max-Planck-Instituts) ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (London School of Economics) の研究によると、若い母親を持つ子供に比べ、高齢で出産した子供の方が健康面や学業面で優れていることがわかりました。

 調査はスウェーデンで1960年~1991年の間に産まれた150万人を対象に行われ、体の大きさ、健康状態、学歴などを調査しました。その結果、高齢出産で産まれた子供は、若い母親の子供よりも大きく育ち、学校での成績もよく、大学進学率も高かったと言います。

 特に40代以上で出産し、年の離れた弟または妹がいる場合、その差は顕著だったそうです。同じ母親が20代と40代で出産した場合では、40代で出産した場合の方が平均で約1年長く学校や大学へ通っていると言う結果が出ました。今回の研究結果は、専門誌「Population and Development Review」に発表されました。

 若い時の環境に比べると金銭的、精神的な余裕も関係しているかもしれませんが、デメリットばかりでなくメリットが注目されるのはいいことですね。

 


コメントを投稿する