世界最大の時計と宝飾の見本市

 バーゼル (Basel) で毎年行われる世界最大の宝飾と時計の見本市、「バーゼルワールド (Baselworld)」 が3月17日~24日まで開催されました。約1,500の世界中のメーカーの最新作が発表されるとあって、100ヶ国以上の国のバイヤーや観光客、報道関係者など14万人以上が来場しました。

 昨年のスイス腕時計の輸出総額は1.6%のマイナスとなり、スイスフランの高騰や世界経済の見通しの悪化などもあり厳しい年でしたが、時計業界は今年はわずかながらも市場の回復を見込んでいます。

 見本市では今年もスマートウォッチが注目を集め、タグ・ホイヤー (Tag Heuer) がグーグル、インテルと共同開発した新作が発表されました。また、素材に木を使い、ベルトに皮を使わないベジタリアンな時計やビートルズのアルバムのタイトルが文字盤に書かれた限定品など、様々なタイプの時計が登場しました。一方で、数多くの高級時計の新作も登場しスイス高級時計の人気の高さを表しています。

 来年の開催は2017年3月23日~30日の予定です。入場料は必要ですが、一般入場もできますので世界最先端の時計やジュエリーを美術館気分で見学するのもいいですね。


コメントを投稿する