ホテル以上?スイス最新医療施設

20160312_kayoko_news_108

 チューリッヒ市 (Zürich) にあるチューリッヒ市立トリエムリ病院 (Triemlispital) の入院棟が4月1日に新しくオープンします。病棟は18階建で、最新設備を備えながらも木目の壁やベージュの床等、やさしい雰囲気の内装は病院というよりもホテルのようです。

 部屋は1人部屋か2人部屋で、すべての部屋にシャワーとトイレが完備されています。部屋には大きな窓があり、チューリッヒの町が見渡せます。部屋は温度だけでなく、湿度や音響、香り等も調節できると言います。

 ベットの横のモニターは、テレビはもちろん、食事を申し込んだり、電話やインターネットを使うこともできます。この画面でレントゲンや検査結果も表示できるので、医師との面談にも使用できます。

 この病棟は、スイスで初めての「2000ワット社会 (2000 Watt Gesellschaft) 」に対応した建物になっています。「2000ワット社会」とは、一人あたりの年間エネルギー消費量を2050年までに1/3の2000ワットに減らす運動で、消費エネルギーを削減する取り組みです。

 本日3月12日10時~18時には、市民にお披露目のために、健康チェックや講演会、子供のためのプログラム等の催しが開催されます。

 同病院について詳しくはこちらをご覧下さい。(独/英)


コメントを投稿する