スイス風? 抹茶の飲み方

20160303_kayoko_news_101(resize) 今月1日からフランスのパリ・リヨン駅 (Paris Gare de Lyon) にJR東日本の子会社が2ヶ月限定で駅弁の販売店をオープンしました。パリで売っている駅弁と同じ物のいくつかが東京駅で買えるとか。

 世界的な和食ブームで様々な国で日本の食材が手に入るようになりました。中でも海外で人気があるのは抹茶で、グリーンティーではなく、マッチャ (Matcha) として広まっています。アメリカでは抹茶専門のカフェがオープンしたり、日本でも抹茶味のお菓子が続々発売されています。抹茶の原料である、てん茶の生産量も増えていると言います。

 スイスの無料新聞20minでは、抹茶を冬の疲れ、集中力を高めたい時に効くエナジードリンクとして勧めています。抹茶は茶葉を丸ごと飲むので栄養価が高く、カフェインが眠気覚ましに効き、抹茶に含まれるテアニンという物質はリラックス効果もあると紹介しています。

 作り方は、冷たい水にスプーン一杯の抹茶、メープルシロップかはちみつ、お好みでライムジュース、氷を入れてシェイクするかよく混ぜると出来上がりです。

疲れた時にMatcha、飲んでみてはいかがですか?

 

 


コメントを投稿する