人気のあるスキー場トップ10

ski-lift-999226_1280

 スイス・ロープウェイ協会 (Seilbahn Schweiz) 2014年から2015年の冬にかけてのスキー場に関する調査結果を発表しました。

 同調査期間にスイス各地のスキー場を訪れた人は約2260万人。これは過去11年間のうち最も少ない訪問者数となりました。2014年から2015年にかけては暖冬であったこと、およびスイスフラン高騰が訪問者数減少に影響しているとまとめています。

 訪問者が最も多かったスキー場は約141万人のツェルマット (Zermatt) 、第2位に112万人のサン・モリッツ (St. Moritz) 、第3位に約111万人のアデルボーデン・レンク (Adelboden-Lenk) でした。

 上位10位以内に入っているスキー場の多くは、ヴァリス州 (Wallis) 、ベルン州 (Bern) またはグラウビュンデン州 (Graubünden) にあります。

 

スキー場の訪問者数トップ10

    訪問者数
1 ツェルマット (Zermatt) 141万人
2 サン・モリッツ (St. Moritz) 112万人
3 アデルボーデン・レンク (Adelboden-Lenk) 111万人
4 ヴェルビエ (Verbier) 103万人
5 ユングフラウ地方 (Region Jungfrau) 97万人
6 ダヴォス・クロスタース (Davos-Klosters) 94万人
7 フリムス・ラークス・ファレーラ (Flims-Laax-Falera) 79万人
8 レンツァーハイデ (Lenzerheide) 72万人
9 グシュタード地方 (Region Gstaad) 68万人
10 エンゲルベルク・ティトリス (Engelberg-Titlis) 52万人

コメントを投稿する