若者のフェイスブック離れ

twitter-292994_1280

 みなさんはインスタグラム利用していますか?

 スイスの電子メディア協会 (IGEM) は、スイスでの15才~24才のフェイスブックの利用者が、昨年は82%だったのに対して今年は約72%に減少したと発表しました。一方で同年齢層のインスタグラムの利用者は、昨年の43%から今年は57%に増えたそうです。

 ソーシャルメディアの専門家であるフィリッペ・ヴァンプラー氏 (Philippe Wampfler) は、フェイスブックの利用者の平均年齢は年々上がっていると言います。若者達はあまり投稿しなくなり、先生や親たちが子供達を観察するツールになっていると見ています。

 インスタグラムに移行しているのには、ミュージシャンや有名人がインスタグラムを使っているため、その影響を受けているとヴァンプラー氏は分析しています。またインスタグラムはフェイスブックよりも匿名性が高く、プライバシーを守れることも理由であるとしています。しかしながら、このままフェイスブックが消え去ってしまう訳ではないと予測しています。

 今後はまた新たなソーシャルメディアが登場して使い分けされて行くのでしょうか?

 

 


コメントを投稿する