スイスでの保険制度

 異国の地で住み始めて、不安になるとすれは、それは「病気」ではないでしょうか。それが大なり小なり、やはり医療という専門分野で言葉も通じない場合に、どのようにしたらいいのか不安になることもあるかと思います。

スイスと日本の保険制度の違い

 スイスでは、国民健康保険制度とはことなり、公的または民間の医療保険に加入することが義務づけられています。一般的な医療保険の手続きは、移民局で「滞在許可証」の手続きをしてからお住まいの地域の役所で発行してもらった「住民票」と一緒に保険会社に申請書を行ないます。これは、日本でいう「健康保険証」に近いものです。

家庭医

 スイスで病院にかかるためには、ある「ステップ」踏む必要があります。それは、どんな分野(内科、外科、皮膚科、耳鼻科等)であっても、まずは加入した保険会社の持つ「家庭医(ホーム・ドクター)」を訪れるということから始まります。眼科や歯医者、婦人科などの専門医療を除き、まずは家庭医そこでその家庭医の手に負えないような場合には、専門の医療施設に紹介してもらうという流れになっています。

 少しでも不調があるとすぐに病院に駆け込まれていた方にとっては、このスイスの医療システムの非効率性に納得がいかないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、残念ながら、スイスでは他の医療システムはありません。

健康管理はしっかりと

 スイスでは根本的な病気にならないようにするために、食事や睡眠などの基本的な健康管理をしっかり各自で行ない、予防・防止を日常生活の中で行なうなど、「根本的な健康管理」への意識が高いということがいえるでしょう。

 しかし、全てのひとが常に健康で病気にならないというのは、ありえません。スイスは先進国の中でも医療ではトップレベルの治療が受けられる国でもあります。その際には、自分にあった保険会社を選び、上記のような「ステップ」を踏んで、家庭医にみてもらいましょう。

<参考サイト>
Federal Office for Public Health Care
https://www.ch.ch/en/health-insurance/
http://www.priminfo.ch/praemien/index.php?sprache=d

 

 


コメントを投稿する