親子で一緒にスイス伝統切り絵を作ろう ( Scherenschnitt )

Esther Geber_-8734

 よくお土産屋さんなどで、白黒の切り絵を一度はみかけたことがあるかと思います。スイスの切り絵(Scherenschnitt)は一枚の紙をカッターナイフやハサミを使って作られます。牛、シャレー、エーデルワイス、アルプスに暮らす牧農、動物や森の暮らしなど牧歌的モチーフにし、左右対称が独特のデザインで、小さくて細かい切り絵はとても繊細で美しいです。

 ヴォー州(Vaud)のロシニエール(Rossinière)という街にある観光案内所では、スイスの伝統切り絵講座を開催しています。

 用意された白黒の用紙に自分の好きな絵を描いてから切り抜いていき、裏側をひっくりかえせば、切り絵の出来上がりです。親子で一緒に切り絵を作るのも楽しいですね。

 時間は各自の都合に合わせて好きな時間を選べるようです。先生はフランス語と、英語も少し出来るようですので、興味のある方は以下のロシニエール観光案内所にお問い合わせください。

<切り絵講座の所在地・費用>
La Placette(観光案内所内)
1658 Rossinière

参加人数10人まで。
1時間60フラン
(1時間30分: 材料費一人5フラン、3時間: 材料費一人8フラン)
予約Tel: +41 (0)26 924 25 25

<お問い合わせ>
ロシニエール観光案内所
Pays-d’Enhaut Tourisme – Rossinière
Rue de la Placette 9, 1658 Rossinière
Tel: +41 (0)26 924 25 21
e-mail: rossiniere@chateau-doex.ch
website: http://www.chateau-doex.ch

*ロシニエールの近くにある郷土資料館(Musée du Vieux Pays-d’Enhaut)では、同地方の歴史や代表的な切り絵が紹介されています。
詳しくはこちらのコラム記事をどうぞ。スイスの切り絵〜先駆者たちが残した芸術の世界を覗く〜

** 都合により開催されていない場合もございますので、詳しくは直接お問い合わせをしてご確認されることをお勧めします。
** 2018年更新


コメントを投稿する