赤ちゃん用ネスプレッソ ( BabyNes )

baby_feeding 日本では液体ミルクが話題になっていますが、スイスを代表するネスレが提供している、画期的な赤ちゃん用商品をご紹介します。

ネスプレッソと同じ原理を液体ミルクにも応用
 スイスの大手企業ネスレといえば、カプセルコーヒーマシーン業界の先駆者。メイン商品である「ネスプレッソ」という機械は、様々な種類のコーヒーカプセルをセットすることで本格的なコーヒーが自宅で楽しめるのが特徴です。これと似た原理を赤ちゃんミルクにも応用したのがこちら。

20130203_Nestle_Milk_Expresso_20121216 「BabyNes」という名のこの商品。月齢別のミルクカプセルをセットすると、1分未満で温かい液体ミルクが哺乳瓶に注がれる仕組みです。赤ちゃんが万が一にもやけどすることがないよう、熱湯ではなく、飲むのに適した温度で注がれるのだとか。

2019年現在は販売先が2ヶ国のみに
 販売が開始された2011年から、しばらくはスイスとフランスのみで販売されていましたが、2018年12月にヨーロッパでの販売を終了。2019年3月現在は香港とアメリカ合衆国のみで機械の販売を行なっており、残念ながら今のところヨーロッパでの販売再開は予定がないそうです。

 ネスレによると、スイスでは月齢別の専用ミルクカプセルも2018年12月をもってサービス終了としたとのこと。現在スイスでこちらのマシンを手に入れるには、中古のものを手に入れるか、香港またはアメリカで購入して持ち帰るしかさそうです。ですがミルクカプセルが定期的に購入できないとあまり意味がないため、新しく導入するのは難しそう。

 なお、現在スイスでBabyNesをお持ちの方は、ネスレにマシンを返品すると100フランの返金が受けられるとのこと。

 BabyNesは調乳時にエスプレッソマシンに似た音がするため、寝室から離れたところに置くとよさそうです。ボタンひとつで適温のミルクができるというのはとても魅力的ですね。技術的には可能だということが明確ですので、今後似たような商品があらたに出てくることを期待しましょう。

<お問い合わせ>
Nestlé Schweiz
https://www.babynes.com/ (独・仏)


コメントを投稿する