公共交通機関内での乳母車の利用

baby-carriage-891080_1280-e1449592120422 日本では公共交通機関内での使用に賛否両論あるようですが、スイスでは特に心配はないでしょう。電車・トラム・バスには、普通乳母車用の場所があります。専用の場所が空いているにも関わらず、通路を塞ぐように乳母車を置いていたら別問題ですが、乳母車が場所を取っているからといって不快に思っている人はいないでしょう。

 簡単に畳めないものが殆どということもありますが、畳んで乗車してくる光景は一度も見たことがありません。近年では、電車やトラム・バスで人の手を借りずに乗降車できる新モデルが多くなりましたが、たまに旧型に遭遇すると周りの方たちがお願いもされていないのに手伝っている場合が殆どです。スイスの乳母車の大半は、日本でいう大型で荷物を入れている場合も多く、簡単に畳めるものではありません。

 車をお持ちであれば、車内の収納スペースを考慮する必要がありますが、スイスの公共交通機関を利用する場合の乳母車のサイズの心配は要らないといってよいでしょう。


コメントを投稿する