子どもの寝冷え対策

20130727_naoko_zewidecke001 親子揃って川の字で寝る習慣のある日本とは違い、欧米では赤ちゃんの頃から一人で子供部屋に寝ることが多いようです。そこで気になるのが子どもの寝冷え。今回は、寝冷え対策を二つをご紹介します。

 一つ目は、寝袋です。日本のスリーパーとは少し異なり、底は完全に閉じられた袋状態で使います。着用の仕方は、それぞれの家庭で多少違うようですが、我が家では上は長袖、下はオムツか下着のパンツのみと教えられたので、そのようにしていました。 夏は半袖で大丈夫です。また、寝袋=布団と同じため、寝袋のみで就寝します。

20130727_naoko_zewidecke002s そして、もう一つがツェヴィデッケ(Zewi Deche)というシーツです。

20130727_naoko_zewidecke004 ボックス型シーツに寝袋の上部分がドッキングしたような形で寝返りやうつ伏せも、一応可能です。チャックを開けると中は開放的で自由に足を動かすことが可能です。このままでは寒いので掛け布団を掛けて寝ます。しかし、子供用シーツとしては、とても高価で賛否両論あるようです。

 両方を試した個人的な意見としては寝袋の方に軍配があがりましたが、一番の願いは子どもたちが安眠できること。いろいろ試してみることをお勧めします。

<参考サイト>
ZEWI und BÉBÉ-JOU AG
Knonauerstrasse 58, 6330 Cham
+41 (0)41 784 10 00
info@zewiundbebe-jou.ch
http://zewiundbebe-jou.ch/ (独・仏)


コメントを投稿する