子育て事情 〜寒い国の寒さ対策〜

20140120_kotoe_Fusssack_01_cut 寒い国の寒さ対策・お散歩編をご紹介します。

 息子が産まれたのは、寒さの厳しい2月でした。産後、自宅に戻った後はどんどん散歩させて自然の空気に触れさせなさいとアドバイスされます。とはいえ、2月、3月はまだまだ寒い頃。そこで寒さ対策に準備したのがこちら。

 一見すると寝袋に見えるフースサック(独: Fusssack)。

 写真のように子どもを袋の中に入れて頭から足先まですっぽりと覆ってしまうので冷たい風が入ることなく快適にお散歩ができます。ただ、このフースサックは月齢が大きくなり活発に動くようになると少々窮屈そうです。

 月齢が大きくなった頃、プレゼントで頂いたのが内側が羊毛になっているタイプ。これは上記のものに比べると手足を自由に動かせます。しかし、隙間風が入りそうなので、とても寒い日は、スキースーツのようなものを着せてからフースサックに入れます。

20140120_kotoe_Fusssack_02_cut この羊毛タイプは、上のカバー部分を取り外すことができ、寒い時期が過ぎれば外して使用することができます。夏の暑い時期に羊毛と聞くと、暑いのでは?と思ってしまいますが、羊毛は汗を逃がすから暑くならないのだそうです。皆様、赤ちゃんの寒さ対策はどうなさっていますか。 


コメントを投稿する