地域ぐるみの子育て

10688275_10152910412731838_2542487880024694172_o_cut 息子が生まれて間もない頃から「同じ月齢か同じ年頃の子どもたちと遊ばせてみたい」と思い、交流できる場所を探していましたが、家から近いところにはなく、近くてもバスや電車を乗り継いで行かなければならないところでした。

 そんな願いが通じたのか、今年から私の住む村でも新生児から慣らし保育に通う前くらいの年齢の子どもを対象としたクラベルグルッぺ(独: Krabbelgruppe)ができました。クラベル(Krabbel)とはハイハイのこと、グルッペ(Gruppe)とはグループのこと。

 月1回、時間にして1時間程度ですが同じ月齢の子供たちと交流し、母親たちはお茶をしながら子育ての話などをして気分転換。

 参加してみて思うことは、同じ月齢の子どもたちと触れ合うようになってから、できるようになったことが増え、よい刺激になっていると感じます。

 私も他のママからアドバイスをもらったり、たわいない話をしたりと息抜きにもなっています。地域ぐるみの子育ては良いものです。

 皆様の地域では、このような子育て環境はありますか。地域により、あるところ、ないところがあるようです。お住まいのところを含めた地域で探すとよいかもしれません。


コメントを投稿する